『NAGATAYAまごころSHOP』 ありがとう、しあわせ、おかげさま、そして感謝 futaba

数多くのブログの中から
「長閑(のどか)な散歩」にご訪問くださり
厚く御礼申し上げます

futaba どうぞごゆっくりおくつろぎください futaba

2008年02月23日

チリも積もると!

お客さまがご来店いただき、お仏壇の価格を見てよく言われること。それは「お仏壇って高いね!」です。確かにお仏壇の価格は高額です。なかには3000万円を超える定価のお仏壇も展示してございます。単純に高額か?低額か?と問われたら間違いなく高額であると思います。

商品の価格が適正かどうかの判断。その判断基準はひとそれぞれだと思いますが、基本的には価値(付加価値)÷価格で計算し、その値が大きければ大きいほどお買い得と言うことになります。

お仏壇の価値(付加価値)、それはこころの安らぎ、そして家宝として家庭の中心になるもの、お仏壇を迎え入れることで得ることのできる付加価値ははかり知れないものがあります。その付加価値をどう捉えるかでお仏壇の価格が高いのか安いのかを判断できるのではないかと思っております。


お仏壇のライフサイクル(商品寿命)は約30年と言われています。たとえば同じ300万円の価格のもの。車の300万円とお仏壇の300万円ではどう違うのか?車のライフサイクル(商品寿命)を5年と仮定すれば、お仏壇は車の6倍も長持ちするわけで、1年あたりの価格に換算しなおせば車は60万円、お仏壇は10万円になります。




自分は一日一箱の煙草を購入します。その価格を300円と仮定するのなら一ヶ月で9千円。一年で10万8千円。30年では324万円にもなります。禁煙をすればお仏壇をご家庭に迎え入れることはできるのですね。


タグ :社長独り言

同じカテゴリー(社長の独り言)の記事画像
対応をお願いします
びっくり!
大晦日
桶の水
お陰さま
死語
同じカテゴリー(社長の独り言)の記事
 対応をお願いします (2013-01-13 11:20)
 びっくり! (2013-01-04 09:52)
 大晦日 (2012-12-31 10:17)
 桶の水 (2012-12-15 17:27)
 お陰さま (2012-12-09 16:39)
 死語 (2012-12-03 11:52)

Posted by 永田や COO at 10:18│Comments(2)社長の独り言
この記事へのコメント
仏壇は古ければそれはそれで良いのかと思ってました。
でも違うんですね。

あんまり頻繁に買い換えられないからこそそれなりの値段を出すことに
なるんですね。

でもあんまり低額なものを買うと罰が当たりそうです...(^_^;)
Posted by yuanyuan at 2008年02月23日 17:38
yuanさま

そんなことはございません!お仏壇は価格ではなく、気持ちが大切です。金額がいくらのお仏壇でも手を合わせていただかなければそれはただの箱になってしまいます。大切なのはどんなお仏壇を迎え入れたのか、と言うことではなく、どれだけ手を合わせて感謝をすることができたか、だと自分は思っています。
Posted by 永田や COO永田や COO at 2008年02月24日 10:52
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。