『NAGATAYAまごころSHOP』 ありがとう、しあわせ、おかげさま、そして感謝 futaba

数多くのブログの中から
「長閑(のどか)な散歩」にご訪問くださり
厚く御礼申し上げます

futaba どうぞごゆっくりおくつろぎください futaba

2008年07月15日

我が母校

先日、久しぶりに我が母校に行ってまいりました。

愛知教育大学付属岡崎小学校


この坂道を毎日のように歩いて登校していました。ここは「愛知教育大学付属岡崎小学校」。6年間通い続けた小学校を大人になってから久しぶりに訪れると「あれ?こんなにちっちゃな校舎だったかな?」なんて感覚を覚えます。


くすのき


こちらは校庭にそびえ立つ楠(くすのき)。これだけ大きなくすのきなので、当然COOが通っていた頃からあったはずなのですが、正直言ってまったく覚えていません。


くすのき


楠といえば、仏具の木魚の材料として使用される木です。楠の木魚はとっても良い音がします。COOはお仏壇屋なので、この楠やお仏壇の材料の欅(けやき)や桧(ひのき)など、樹木に関心があります。きっと子供の頃はそんなに関心がなかったのでしょうね。


子供の頃はまったく気付かなかったことでも、大人になると気付くことがあります。でも、大人になったことで気付かなくなってしまったこともたくさんあるはず。そんな子供心をいつまでも忘れることなく無邪気な大人でいたいものです。

COOハートバージョン




人気ブログランキング ブーログトップページ




同じカテゴリー(社長の独り言)の記事画像
対応をお願いします
びっくり!
大晦日
桶の水
お陰さま
死語
同じカテゴリー(社長の独り言)の記事
 対応をお願いします (2013-01-13 11:20)
 びっくり! (2013-01-04 09:52)
 大晦日 (2012-12-31 10:17)
 桶の水 (2012-12-15 17:27)
 お陰さま (2012-12-09 16:39)
 死語 (2012-12-03 11:52)

Posted by 永田や COO at 08:31│Comments(9)社長の独り言
この記事へのコメント
おはようございます!

楠、神秘的ですね・・・
Posted by がきさん at 2008年07月15日 09:01
おはようございます。

岐阜の田舎の小学校は建て替えに、木造校舎だった中学校は火事になって失われてしまいました。
(昔の木造の懐かしい感じの校舎だったのに…)

モノクロの集合写真でしたもう見ることができません(┰_┰)
Posted by ann at 2008年07月15日 09:30
私の母校は壊され
豊田市美術館になってしまいました。
母校が今もあることはうらやましいことです。
Posted by フューネ三浦 at 2008年07月15日 09:45
樹木は私たちに
とっても癒しをあたえてくれますね。
先人の知恵は誠に素晴らしいです。
動・植・鉱物の恩恵に感謝ですね。
いつの日も
自然に沿った生活を心がけなくてはと思いますね
Posted by シンシアK at 2008年07月15日 11:01
楠見事ですね☆
母校って懐かしいですよね。あんまり足を踏み入れることはなくなりましたが。卒業するとそこはい場所でなくなる感じで・・。グラウンドのそばを通りながら懐かしんでるだけです。
今半は人形町で色々食べるところを探していたからヒットしただけで、それがなかったらもしかしたら知らないままだったかもしれません。あの界隈は有名店(老舗)が多いところでした。これも懐かしい思い出です。
Posted by ゆみぴい at 2008年07月15日 11:06
私も福大教育学部の附属中学校に通ってました。^^
教生の先生が来るのが楽しみだったなぁ。
一人っ子なのでお姉ちゃん、お兄ちゃん的存在でした。
あれから20数年、ずいぶん大人になったもんです。。。
Posted by cani2 at 2008年07月15日 13:59
がきさんさま

本当に神秘的ですね!大きな樹木にはなんだか神さまが宿っているような気がします。


annさま

COOの小学校もCOOが学んだ校舎はすでに取り壊され、新校舎になっていました。それでもいまだ残っている建物もあり、とても懐かしかったです。


フューネ三浦さま

そうですね。母校が残っていることは幸せなことですね。廃校や合併などで、学んだ学校がなくなってしまう。時代の流れとはいえ、少し寂しい気もしますね。


シンシアKさま

コメントありがとうございます。樹木は本当に自分たちを癒してくれます。シンシアKさまがおっしゃるように、自然の産物に感謝をしなくてはいけませんね!


ゆみぴいさま

思い出ってどんなことでも大切にしたいものですね。過ぎ去った日々はもう戻ることはありませんが、すべては思い出として、自分のこころの中にある。そんな思い出をいつまでも大切に生きてゆきたいものです。


cani2さま

cani2さまも附属の学校だったんですね。附属といえば教生の先生がつきもの。教育実習ではたくさんのいい思い出があります。あのころは教生の先生もとても大人に思えたのですが、もうすでにあの頃の教生の先生より自分の方がはるかに歳をとってしまいました。時代は止まることなく流れているんですねー!
Posted by 永田や COO永田や COO at 2008年07月15日 18:18
(≧∇≦)キャー♪すごっ!!
教育大学附属の小学校ですか!?
ホントに立派な楠ですね!!
子供の頃「ハイジ」を観て、おっきい~もみの木に
憧れたコトを思い出しました(ノд・。) グスン
Posted by at 2008年07月15日 21:16
楓さま

楓さまは「ハイジ」の時代ですかぁ?COOも「ハイジ」観てましたよー!(笑)
Posted by 永田や COO永田や COO at 2008年07月16日 08:36
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。